TOP > プロジェクトWETとは
プロジェクトWETとは
 
プロジェクトWET (Water Education for Teachers)は、水や水資源に対する認識・知識・理解を深め責任感を促すことを目標として開発された 「水」に関する教育プログラム です。

     
  教える側が単に知識を与えるのではなく、子どもたち自身がアクティビティ(活動)を通じ、「水」そのものや、その大切さや重要性に気づき、学んでいきます。  
     

教える側が単に知識を与えるのではなく、子どもたち自身がアクティビティ(活動)を実践しながら、「水」そのものや、その大切さや重要性を考え、学んでいきます。

【プロジェクトWET紹介動画】(約2分)

 

プロジェクトWETのプログラムには、米国内で300人以上の資源管理者・科学者等により開発され、600人以上の教師と34,000人の生徒たちによってテストされた、「水」に関するたくさんのアクティビティが盛り込まれています。

プロジェクトWETインターナショナル(本部:米国モンタナ州ボーズマン)は20年以上の歴史を有する団体であり、水に関する教育プログラムの開発者であり地球規模のネットワークを有しています(世界66以上の国と地域がプロジェクトWETを活用しています)。

日本においては(公財)河川財団が2003年に使用権を得てプロジェクトWETジャパンとして活動しています。


     
  日本において、プロジェクトWETは「環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律(改正後:環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(平成23年法律第67号)」第11条第1項に規定する人材認定等事業に登録されております(主務大臣:環境大臣、文部科学大臣、国土交通大臣)。  
     

  人材認定等事業への登録について

アクティビティにより幼稚園児から高校3年生までが対象となり、グループ学習、体を動かすもの、討論、実験など形式も多様です。

総合的で補完的なプログラム

 プロジェクトWETは「社会」や「理科」などをはじめとした様々な教科に応用できます。
 
  アクティビティを通じ、時には計算を行ったり、走り回って身体を動かしたり、水に対する思いを絵で表現したり。

また、文章能力を養ったり、地理を学んだりすることもできます。

プロジェクトWETは、特定の教科にとらわれない横断的な使い方をすることができます。

 

 

プロジェクトWETと各単元との関連性を示した適合表や学校での実施事例は「学校カリキュラム適合事例集」に掲載されています。

 学校カリキュラム適合事例集について
アクティビティにより幼稚園児から高校3年生までが対象となり、グループ学習、体を動かすもの、討論、実験など形式も多様です。

様々な場面で使うことができます
 学校での授業だけでなく、行政が行う出前講座や、市民が行う環境学習、川や水辺での体験学習など、様々な場面で使うことができます。
 水に関する知識を深めるだけでなく、グループワークを通じ、意見調整能力や発表能力、リーダーシップなどの能力を高めることができます。
 
  また、プロジェクトWETの指導者講習会では、プロジェクトWETのアクティビティや子どもたちへの指導方法を学ぶだけでなく、環境教育に関する知識や合意形成を図るトレーニングを行うため、団体や企業の職員研修にも有効です。
 

プロジェクトWETの使命
 プロジェクトWETの使命は、世界中の子どもたち、保護者、教育関係者、地域関係者に、水に関する教育を届けることにあります。

プロジェクトWETの目標は、教室で使える教材の開発と普及、および国際的なプロジェクトWETプログラムの制作・普及を通じて、水についての認識、理解、知識、責任感を促し、奨励することにあります。
 プロジェクトWETのアクティビティは、単に知識を与えるのではなく、アクティビティを通じて、水について正しく考える力や問題解決能力を促進させるとともに、若い人が貴重な水資源に関して分別のある決断をするうえで必要な知識と経験を養うことを手助けします。

プロジェクトWETの信念
       
●  水は、生命体や非生命体の中を通して動き、それらを生命の複雑なネットワークとして結びつけます。  
  ●  水を利用する者すべて(発電、農家や牧場、魚や野生生物、工場、レクリエーション、地方や都市の住民)にとって、水は質、量ともに十分であることが重要です。  
  ●  未来の子どもたちが、健全な環境で、社会的、経済的な安定を得られるようにするためには、持続的な水の管理が不可欠です。  
  ●  水資源について認識し、それを尊重する気持ちを持つことは、それぞれ個人の生涯にわたる水に対する責任感と、積極的な社会参加意識を高めます。  
       

プロジェクトWETの歴史

プロジェクトWETは1984年に米国ノースダコタ州水委員会によって創設されました。
1989年に、プロジェクトWETの会長がモンタナ州立大学に招聘され、内務省開墾局からの資金を得て、ノースダコタのプログラムをモンタナ、アイダホ、後にアリゾナに展開することになりました。これらの複数州での試行の成功を受け、プロジェクトWETを全国的なプログラムに発展させることになりました。

1990年には、CEE(環境教育委員会)がWatercourseとの共同でプロジェクトWETの公式スポンサーになりました。
1992年9月から93年4月の間に、制作ワークショップの指揮のもとで「プロジェクトWETカリキュラム・アンド・アクティビティガイド」を開発しました。まず、300人以上の教師、資源管理者および科学者が8つの地域ワークショップに参加すべく選ばれ、これらの教育者達が水教育カリキュラムに含むべきと考える500以上の学際的なアクティビティを作り出しました。続いて、ワークショップ参加者によって作り出されたアイデアやアクティビティはカリキュラムの枠組みに従って統合され、系統立てて整理されました。

その後、アクティビティ案は、約600人の先生と非公式指導者、約34,000人の生徒達によってさまざまな教室や教育場面でフィールドテストされ、1995年に、91のアクティビティを盛り込んだ「プロジェクトWETカリキュラム・アンド・アクティビティガイド」となりました。

1995年から2005年の間に40以上の水教育ガイドブックを作成し、国内50州、17カ国へと拡がりました。

2005年1月には、非営利組織としてThe Project WET International Foundationが設立され、同年6月に、モンタナ州立大学を離れ、独立した財団となりました。

2014年4月現在で世界66以上の国と地域にネットワークが拡がっています。

プロジェクトWETの本部:
Project WET Foundation (米国モンタナ州ボーズマン)

 
プロジェクトWETジャパン

 日本では、公益財団法人河川財団が、2003年10月にプロジェクトWETインターナショナルと合意書を交わして使用権を得て、プロジェクトWETジャパンとして活動しています。
 

【プロジェクトWET紹介原稿】

  プロジェクトWETパンフレット 
  プログラム詳細